読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ユーネクスト(U-NEXT)の無料トライアルをお試ししてみた

ユーネクスト(U-NEXT)の無料トライアルをお試ししてみた体験談を綴ります。

スターウォーズフォースの覚醒をユーネクストで見た

スターウォーズの最新作エピソード7”フォースの覚醒”

やっと見ました・・・

 

映画館で見たかったけど子育て中の身ではなかなか映画館にも気楽に行けず、DVDを借りようと思いつつ面倒でずっと先延ばしにしてたんですが、ユーネクストで配信されていたのでついに視聴しました。

 

さすがに見放題ではありませんが、お試し期間中にもらえるポイントが使えたのでラッキー♪

 

ユーネクストは見放題とレンタルとUポイントと付与ポイントとなんだか色々あって分かりにくいです。

 

むやみに再生すると知らないうちに課金されてるのでこの辺は改善してほしいなあ・・・

 

とにかくスターウォーズは無事課金されることなく見れたのでよかった。

 

あんまり予備知識はなかったけどディズニーが権利を買って公開したんですね。

ジョージルーカスがまったくノータッチというのがびっくりです。

 

でもイメージは全く崩れてなくて無難に楽しめました。

トーリー的にはエピソード4の新たなる希望にそっくりじゃない。

 

トームトルーパーの脱走とかは斬新で面白かった。

フィンは死んじゃったの?でも様子見る限りは重症なだけっぽいかな。

 

もう少しジェダイの活躍するシーンが多いといいんだけど、それはレイの成長次第なのかな。

 

っていうかそもそもレイって何者?

主人公が正体不明ってのもすごいよね。

 

謎は他にもたくさんあるので、エピソード8,9で判明するのかな。

そうやって続編の期待を高めてるんだろうな。

 

楽しみに次回作を待ちましょう。

ジュディマリからのるろうに剣心

ジュディアンドマリーを聞いてたらふと「そばかす」ってアニメの主題歌だったんだよな~と思い出して、なぜだか急にどんなアニメなのか猛烈に気になってしまいました。

U-NEXTを開いてみたらなんてタイミングのいいことかホーム画面のスタッフおすすめで「るろうに剣心」が出ていたので、これは見てみろという神様のお告げだなと衝動的に見てみました。

とりあえず3話まで見てみましたが、つまらなくはないです。

でもはまるほどじゃないな・・・

ちょっと子供っぽすぎます。少年漫画だからと言えばそれまでだけど。

絵やキャラクターはかわいくってもいいんだけども、悪役があまりにもベタ過ぎてストーリーが浅くなっちゃうんですね。

 

ひょっとするとこれからだんだんと深まっていくのかもしれませんし、緋村剣心の過去の謎解きとかもあるかもしれませんから、暇があれば続きを見てみようかな。

 

ゴッドファーザーをユーネクストで見た

ゴッドファーザーと言えばフランシス・フォード・コッポラ監督の大傑作。

20歳ぐらいの頃に見ましたが、暴力描写がえぐいのに映像美を感じさせる映画でした。

 

何十年ぶりに見直したわけですがその感想は全く変わりません。

驚いたのが40年以上前の映画なのにまったく古臭さを感じさせないところです。

 

個人的にはソニーのシーンが印象に残ります。

ソニーがカルロをボコボコにするシーン。

ソニーが蜂の巣状態で殺されるシーン。

 

キャラクター的にソニーが好きというわけではないんですが、初めて見た時も今改めて見た時も印象に残るのは同じでした。

 

まさに普遍的な映画ですね。

 

 

あ、一個だけ今回感じたのは、アル・パチーノって吉本新喜劇のすっちーに似てる・・・

顔とか背の低いところとか。

進撃の巨人(アニメ)がU-NEXTで見放題

進撃の巨人のテレビアニメがU-NEXTで見放題です。

以前漫喫で単行本を一気読みしましたが、結構適当に読み流したので細かい設定とかストーリーとか分かっていないところがありました。

今回アニメで改めて見直してみて「そういう話だったのね」と分かったところがたくさんあります。

アニメは時間がかかりますけど、他のことをしながらながら見できる点は良いですね。

まだ10話までしか見てないですが、今のところ25話まであるのでしばらく楽しめそうです。

進撃の巨人は登場人物のキャラクターが立ってますね。

そこが人気の理由なんでしょうね。

私はベタですけどリヴァイとミカサがかっこいい。

クールなのがやっぱり好きなんですね。

実写の映画版にはリヴァイは登場しないとか。

ファンから非難轟々だったらしいですが、たしかに進撃の巨人にリヴァイが出てこないなんてありえませんね。

石原さとみが演じているハンジの扱いが大きいみたいですが、芸能事務所の力関係とかが影響しているのかな。

石原さとみはかわいいからそれはそれでいいんですけどね。

映画版も動画配信サービスで見放題にならないかな。

d-TVで映画版のスピンオフが見れましたけど、立体起動装置の開発秘話とか巨人の捕獲の秘話とか、ショートストーリーだったけど割と面白かったです。

 

 

U-NEXTで暗殺教室が見放題

U-NEXTで暗殺教室のアニメが見放題でした。

単行本で途中までは読んでいたのですが、後半全く読んでなかったので殺せんせーの過去の所を見てみました。

 

なるほど月が欠けたのはそういうことだったのか。

殺せんせーに触手ができた理由、椚ヶ丘中のE組を担任することになった理由もはっきりして、結末がどうなりそうかもだいたいわかりました。

 

全部最後まで見たいのはやまやまだけど時間がかかるからなあ・・・

 

ゆとりができたら続きを見てみよう。

ユーネクストでトランスフォーマーを一気見

トランスフォーマー』は2007年公開の第一弾から始まって、2009年公開の「リベンジ」、2011年公開の「ダークサイド・ムーン」、2014年公開の「ロストエイジ」とシリーズ化されています。

そのうちユーネクストではリベンジまで見放題で視聴できるので一気に見てみました。

最初は子供向けの映画か?と思いきや、あれ?面白いじゃないですか!

勧善懲悪のロボットの物語なので完全にマジンガーZから始まる初期のロボットアニメと同じ構造の映画です。

悪役のメガトロンがこれでもかっていうほどに悪役っぽいとことか、わかりやすさは子供向けの要素が強いです。

ガンダムなんかは必ずしも悪役が悪者ではなく、善と悪が複雑に入り組んだような物語で、だからこそいつまでたっても大人になってもはまってしまう魅力があります。

それに比べるとトランスフォーマーはものすごく子供っぽい映画です。

だから1回見れば十分かなと思いそうなもんなんですけど、大人が見てもはまっちゃって何度も見たくなる面白さがあるんですね~。不思議です。

たぶん主人公のサムのキャラクターとトランスフォーマーとの漫才的な掛け合いとかの楽しさが大きいんじゃないでしょうか。

サムを演じるシャイア・ラブーフは決してかっこよくはないので、ちょっととぼけた感じがいい味を出しています。これがイケメン俳優だったりしたら魅力半減していたでしょう。

あとやっぱりCGの迫力でしょうね。

トランスフォーマーの変形シーンは日本のロボットアニメにルーツがあるようですが、あのスピード感とボリューム感はハリウッドならではで、日本人の感性からはなかなか出てこないものです。

アクションもさすがですね。

第3弾、第4弾も続けてみたいところですが、U-NEXTではリベンジまでしか見放題ではないので課金しなければいけません。

新作はしょうがないにしても、ダークサイド・ムーンぐらいは見放題にしてくれないかな。

 

 

ハムナプトラを見てみた

ハムナプトラは以前、テレビで放送されていたのを見ました。

 

すごく面白いと思ったんですが、テレビ放送って結構「ながら見」しません?

ご飯食べながらとか、しゃべりながらとか、雑誌読みながらとか、案外集中してみてなかったりするんですよね。

 

だからハムナプトラも面白かった覚えはあるんですがストーリーとか設定とか実はあんまり分かっていなかったんです。

 

今回ユーネクストでハムナプトラが配信されていたのを見つけて、どんな「映画だったかもう一度確かめてみよう!」ということで視聴してみました。

 

最初に気づいたのが原題。

The Mummy」

 

 

あれ・・・?

ハムナプトラじゃないの?

 

 

ググってみたところmummyというのは「ミイラ」のことだそうです。

原題はミイラだったんですね。

 

でもミイラじゃあんまりにも個性がなさすぎて、印象に残りにくいので日本で公開されるときには配給会社が「ハムナプトラ」というタイトルで公開したようです。

 

確かにミイラじゃインパクトに欠けますよね。

 

そもそも「The Mummy」は1932年に公開された邦題「ミイラ再生」という映画のリメイクだそうです。

 

物語の鍵となるイムホテップの話が最初のシーンで出てきますが、この場面見たことないな・・・

 

たぶんテレビで見た時は何気なくついていたのを途中から見ていたので、前提となる設定が分かっていないまんま見てたんだな。

 

なるほどそういうストーリーだったのね。

 

この映画は結構アクションや映像だけ見てても楽しいので、あらすじ知らなくても引き込まれて見れるんですが、ちゃんと見ると本当によくできた映画だとあらためて思いました。